研究室紹介

研究室の名前が変更しました

 当研究室は2018年4月1日より研究室名が変更され、マイクロ・ナノメカニクス研究室からマイクロバイオメカニクス研究室になりました。バイオメカニクスを基礎とし、大橋教授の主導の下様々なテーマに取り組んでいます。学生は2018年現在で博士3名、修士9名、学士6名、研究生2名が在籍しています。
  研究室の行事は主に毎週一回の研究会が中心で、学生が30分ほど研究成果について発表を行い質疑応答や議論を行います。それに加え、研究テーマと関連のある生体組織についての勉強会も行います。また、当研究室は留学生を積極的に受け入れているため日常的に英語を使う機会が多く、さらに研究会や勉強会も英語で行っているので、より実践的な英語学習を行うことができます。
   私たちは機械工学的な見地から細胞機能についてより深く理解することを目的とし、医療に役立つ実用的な装置や技術の創成を試みています。